結婚式のお手伝いができるブライダルバイトの魅力

結婚式のお手伝いができるブライダルバイトの魅力

男女

必要シーンが増えています

習得した英語の能力は、即戦力が必要とされる派遣の仕事で生かしていく事ができます。職種によって、英語に関する資格が、有利な採用基準となるケースもあります。英語は、必要性・即時性が求められる中で、派遣としては給与面での高い評価に繋がっている場合が多くあります。派遣で従事する人も増えている現状です。

タクシー業界の真実

ブラックな仕事と勘違いされることも多いタクシー運転手ですが、実際にはそのようなことはありません。特に誤解されがちな年収についても、他の企業と全く変わらないか、それ以上稼げると言っても良いでしょう。普通自動車二種免許を持っていなくても、入社後に取ることもできるので、まずは求人に応募して下さい。

仕事が選びやすい

派遣社員は正社員と比べて、様々な職場で経験が詰めるポイントがあります。キャリアアップができるだけでなく、ライフスタイルに合わせて働けるので主婦を中心に派遣の仕事を始める人が増えています。

結婚式の裏方として働く

ケーキ

人気の職業に近づく

近年は若い女性を中心に、ブライダル業界で働きたいという人が増えています。中でも人気が高いのはウェディングプランナーという職種で、挙式のプランニングや料理・内装の手配などを行う専門家です。人生における幸せの瞬間をプロデュースできるという、非常にやりがいのある仕事です。ただ気をつける必要があるのは、ブライダル業界は表面的にはあまりに華やかな印象が強いため、一般の人には実態が分かりづらいという点です。そのため、もし本気で就職を目指すなら、まずはアルバイトでその世界に飛び込んでみるというのもいい経験になります。ブライダル業界は広い意味での接客サービス業に当たり、近年は人手が不足気味です。そのため、バイトの求人数もかなりたくさんあります。ウェディングプランナーとして活躍したいのであれば、ウェディングプランナーの求人情報だけを専門的に扱ったサイトもあるので、利用するといいでしょう。様々な職業を紹介している求人サイトでもウェディングプランナーの求人情報が掲載されていることがありますが、専門サイトの方がウェディングプランナーの求人情報量が多いといえます。介護士には介護士の専門求人サイト、看護師には看護師の専門求人サイトがあるので、目指す職業に特化したサイトを利用することをおすすめします。専門サイトであれば東京などの地名で仕事を検索できる他、雇用形態や給与でも条件を絞って仕事を探すことが可能です。自分の目的に合わせて賢く利用しましょう。

雇用形態はさまざま

ブライダル関連のバイトにおける職種で最も多いのは、披露宴会場における配膳担当です。出席者に料理をサーブしたり、後片付けをするのがメインとなります。披露宴での料理はコース料理が基本であり、多くの皿数が必要となるため、2〜3時間という短い時間ではありますが非常に忙しい仕事です。配膳のバイトは結婚式場やホテルなどに直接雇用されるか、派遣会社に採用されて式場担当に配属されるかのいずれかとなります。前者の方が腰を落ち着けて働くことができますが、後者の場合はさまざまな挙式スタイルを経験できるというメリットがあります。その他には、ケータリング会社に雇用されて披露宴会場に出張するというパターンもあります。この場合は一軒家で行われるハウスウェディングなどが中心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加